ペット栄養管理士とは

Pocket

一般社団法人日本ペット栄養学会は、ペットの栄養・健康増進およびペットフードの品質向上に関する会員相互の知識、技術の向上とその普及を図ることを目的として、1998年6月に設立されて以来、大会・学会誌の発行等広範囲に活動をしています。
この一般社団法人日本ペット栄養学会が講習と試験を行っています。

講習会で学ぶ内容としては、ペットフード総論(ペットフードの原料、種類と加工、法令・表示、添加物、栄養試験方法)、ペット基礎栄養学(炭水化物、脂肪、タンパク質、ビタミン、ミネラル、栄養素の消化吸収、ライフステージ、食性、嗜好性)、ペット臨床栄養学(消化器疾患、肝臓疾患、腎臓疾患、尿石症、心臓疾患、糖尿病、歯科疾患、アレルギー疾患、がん、術後、肥満、行動)などです。

これらの講習を受けペット栄養管理士の試験に合格するとペット栄養管理士となることができます。動物の栄養に関して学び、経験をした管理士は私たちの大切なペットの「食」についてよき理解者となり様々なアドバイスをしてくださいます。

一般社団法人日本ペット栄養学会ホームページより一部抜粋

Top